JRCエンジニアリング株式会社 ロゴ

PRODUCT

体表温度スクリーニングシステム

AI搭載の非接触型セルフ体表温検知端末で、瞬時に体表温検知が行えるパンデミック対策ソリューション。
また、顔認証機能により、個人特定が行えますので、勤怠管理システムと連携することで、個人ごとの出退勤管理と体表温管理を行うことができます。
新型コロナウイルスや季節性インフルエンザ感染症拡大防止対策として、活用いただけます。

複数の体表温検知端末からのデータを一元管理、システム連携・デバイス連携も可能です

体表温度スクリーニングシステムは、複数の体表温検知端末からの情報を集約し、自社開発の専用アプリにより一覧表示ができます。
自社開発の専用アプリにより、普段使い慣れた勤怠管理システムやCMSなど、様々なシステムと連携が可能です。
また、システム連携以外にもゲート制御、デジタルサイネージなど、デバイスとの連携も可能でございます。
コロナなどの感染症対策はもちろんのこと、それ以外にも様々な用途で応用が可能な製品となっております。

【サテライトオフィスでの利用ケース】

サテライトオフィスでの利用ケース

現在、サテライトオフィスを新設するなど新しい働き方が増えております。
体表温度スクリーニングシステムにより、出退勤情報や個人の体表温情報を新しい働き方に合わせて管理が行えます。
また、体表温に応じてゲートの開閉を制御したり、出退勤に合わせてコンテンツをデジタルサイネージ上に表示することができます。

ユースケース

【Case1】

小売り店舗での利用ケースです。体表温検知端末を利用することで、顧客に安心してお買い物をしていただけます。
また、来店顧客の分析を行う事で、店内にいる客層に合わせた広告表示や、CRMと連携させることで来店顧客情報をデジタルマーケティングに活用できます。
感染症予防にとどまらず、お客様の来店情報を有効活用することで、「新しいお買い物のしかた」に合わせた販促が行えます。

小売店舗での利用ケース

【Case2】

配達業様での利用ケースです。体表温検知端末を利用することで、配達員の感染症予防を行えるとともに、稼働状況の可視化が行えます。
配達員の体表温情報を顧客へ提供することで、お客様へ安全・安心な配達が行えます。

配達業様での利用ケース

AIを用いた正確な体表温測定

顔認識AIと体表温測定AIの組み合わせにより、サーモグラフィで測定した体表温から誤差±0.3℃で体表温を測定可能
高温の方を高精度に抽出できます

体表温度スクリーニング特長

活用シーン

目的に応じて様々な出入口/通路などに設置可能

体表温度スクリーニング活用シーン
体表温度スクリーニングシステム基本画面
体表温度スクリーニング機能

入場者一覧では、体表温検知端末で検知した全ての人を一覧表示します。
サマリー表示により、入場者数、高温の方(閾値以上)、顔認識ができなかった方をサマリー表示できます。



体表温度スクリーニング機能

複数端末から得た体表温情報がリアルタイムに集約可能です。
指名を選択すると、検知した人の顔写真と顔認識結果が表示できます。



体表温度スクリーニング機能

健康管理/出退勤管理では、部門ごとに出退勤と体表温度の確認ができます。
テレワーク実施期間中でも、誰が出社しているかが一画面で確認できます。



体表温度スクリーニング機能

閾値以上/認識不可では、高温の方や顔認識が行えなかった方を一覧表示できます。
体表温データは自動蓄積されるので、過去のデータをエビデンスとして残すこともできます。



オリジナル体表温検知端末スタンド
消毒液付き検知端末スタンド(スリム)

弊社オリジナルの体表温検知端末スタンドとなります。
購入した体表温検知端末に付属のスタンドより小さいスタンドが欲しい、消毒液を併設したいなどご要望に合わせたスタンドをご用意いたします。
スタンド自体をお客様のご要望に合わせて作成する事も可能でございます。
体表温検知端末の機種によらず作成可能でございます。


消毒液付き検知端末スタンド(スリム)


お問合せ

体表温度スクリーニングシステムに関するお問い合わせ先は以下の通りです。
お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問合せ

03-4530-3020

受付時間 8:30~17:15
※土曜・日曜・祝日を除く

ホームページからのお問合せ